相撲協会独立委メンバー決定、渡辺・ワタミ会長ら - スポーツチャンネル

2010年07月10日

相撲協会独立委メンバー決定、渡辺・ワタミ会長ら

 野球賭博問題を調べている日本相撲協会の特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)は9日、両国国技館で会合を開き、協会改革を進める「ガバナンス(統治能力)の整備に関する独立委員会」のメンバー11人を決めた。

 読売新聞の取材で11人は、特別調査委員で日本高野連会長の奥島孝康・元早大総長(71)、居酒屋大手「ワタミ」の渡辺美樹会長(50)らと判明した。

 委員長には奥島氏が就任する見通し。伊藤座長は、「市民の目線、経済界からの目線など多様な方々」と人選を説明した。10日に名古屋市内で開かれる協会理事会で承認した後、発表する。

 特別調査委は、協会理事会で独立委メンバーの承認を得た後、業務を引き継いで解散する。場所中に野球賭博を含む反社会的勢力との関係などについて、新たな情報があった場合は調査委が招集される。

 協会から要請のあった3親方のオブザーバー入りは独立委が検討する。















[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



posted by モト at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。