アフリカ初のW杯が開幕へ=日本は14日にカメルーン戦〔W杯本記〕 - スポーツチャンネル

2010年06月11日

アフリカ初のW杯が開幕へ=日本は14日にカメルーン戦〔W杯本記〕

 【ヨハネスブルク時事】4年に1度サッカーの世界一を争う第19回ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が11日に開幕する。アフリカ大陸での開催は初めて。
 午後4時(日本時間同11時)から当地のサッカーシティー競技場で始まる開幕試合では、1次リーグA組の南アフリカとメキシコが対戦。ホスト国の南アフリカと、各大陸予選を勝ち抜いた計32チームが参加して、7月11日の決勝まで熱戦を繰り広げる。
 試合に先立ち、同競技場では午後2時(日本時間同9時)から開幕式が行われる。午後8時30分(日本時間12日午前3時30分)からは同A組のウルグアイとフランスがケープタウンで対戦。この試合は西村雄一主審、相楽亨副審らが担当する。
 4大会連続4度目出場の日本は1次リーグE組に入り、14日にブルームフォンテーンでカメルーンとの初戦を迎える。その後、19日にダーバンでオランダ、24日にルステンブルクでデンマークと対戦。岡田武史監督の下、ベスト4を目標に掲げる日本が、国外開催のW杯で初めての決勝トーナメント進出を果たせるかが注目される。 















[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



posted by モト at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。